国内バイナリーオプションの規制について

国内のバイナリーオプションでは、国内の金融庁が、賭博性の高さを指摘して、国内バイナリーオプションの規制を施行しました。
これは、バイナリーオプションに注目が集まり始めた頃から言われていたのですが、2013年5月に、規制内容の確立と施行の合意が報告され、2013年7月に、規制が施行されました。
内容は、取引内容や、時間帯などについて、バイナリーオプションの魅力であう、ハイロウ取引に関する規制です。
国内では、2013年8月より、この規制が施行され、猶予は4ヶ月の11月末までとなっています。

国内バイナリーオプションの今後

金融庁の規制施行により、国内バイナリーオプションでは、サービスや取引方法の見直しが必要になってきました。
8月より施行される規制に伴い、国内でも、じわじわとサービス変更の流れが見え始めること間違いないはずです。11月末ぎりぎりまで、今のままのサービスを展開する業者も増えるでしょうが、12月から、国内全てのバイナリーオプションはサービスの変更された新バイナリーオプションでの運営が始まります。

国内バイナリーオプション利用者の今後

国内のバイナリーオプションの利用者の今後は、海外へのバイナリーオプションへと移行する方が増えるのではないかとお予想されています。
理由としても、海外には日本規制は適用されませんし、元々、海バイナリーオプションの方が市場の規模も、取引の充実性も高いです。今後国内のバイナリーオプションの利用で、規制が更に厳しくなることも想定できます。
そうすれば、バイナリーオプションの利益に期待できなくなります。そうすることにより、海外のバイナリーオプションへと移行する利用者が増えると予想できるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ